眼瞼痙攣の治療費いくらかかるの?眼瞼痙攣用クリーム効果と口コミはどうなの?

眼瞼痙攣は40代から50代の女性に多く見られ瞼の痙攣や
まばたきが多くなったり、光がとてもまぶしく感じられる初期症状から
目を開けている事がとてもつらくなってくる病気となっています。

40代から50代というと責任のある仕事を任される事が多くなり
外出や車の運転などで本当に困ってしまいます。

片手で下がった瞼を常に支えてあげなければならず
日常生活や仕事に大きな影響を与えてしまいます。

また眼瞼痙攣の影響で歯を食いしばって瞼を上げる習慣がつくので
歯折などを引き起こし歯周病を併発する事があります。

眼瞼痙攣の治療費はいくらかかるの?

眼瞼痙攣の治療を受ける場合、
主に受診するのは形成外科となります。

眼瞼痙攣の治療費や手術費用は保健が適用された場合
ボトックス注射で3割負担の片目1万5000円程度、
両目3万円程度となります。

また手術の場合は病院によってかなり差があると思いますが
総額で30万円ほど3割負担の場合は10万円ほどとなります。

眼瞼痙攣の手術では信州大学病院や
静岡県の浜松市にある松尾形成外科などが
眼瞼痙攣の手術でたいへん実績があります。

また眼瞼痙攣の手術自体はそんなに難しくないといった
お医者さんもいらっしゃるので大きな都市の場合は
眼瞼痙攣の手術を行ってくれる病院もあります。

眼瞼痙攣の治療に手術を選択する場合は
予約を入れても1年以上も待たされる事があるので
注意が必要となります。

眼瞼痙攣の治療はボツリヌストキシンを注射する
ボツリヌス療法や眼瞼痙攣の手術の他に
眼瞼痙攣の症状が軽い場合は前額をヘアバンドで
押し上げてあげると症状が軽減したり
瞼周辺の筋肉の緊張を緩和させるクリームなどもあります。

眼瞼痙攣の手術やボツリヌス療法での注射などは
3割負担で両目で3万円近く、手術で10万円近くもかかるので
眼瞼痙攣の症状が軽い方はヘアバンドや専用クリームなどを
試してみるのもよいかもしれません。

眼瞼痙攣用クリームってどんなの?

眼瞼痙攣用クリームはボツリヌス療法に使われる
ボツリヌストキシンから抽出されたボトックス成分と
同じ効果が期待できる合成ペプチドが配合されたクリームとなります。

ボツリヌス菌から抽出されたボトックス療法は
眼科や神経内科で顔面チックや斜視などへの治療効果が見られました。

日本でも眼瞼痙攣の治療薬として1997年4月から
厚生労働省に認可を受けて治療に使われています。

最近では美容整形の分野でも
お肌の老化を防いでくれる成分として注射を行う事で
シワを無くしお肌の状態を改善する事で使われる事が多くなっています。

しかしスペインでは美容目的によるボトックス注射が
禁止となっていた背景からボトックス注射と同じ効果が得られる
合成ペプチドを開発し美容クリームとして販売されました。

そのためボトックスと同じ効果が期待できる合成ペプチドが
配合されたクリームが眼瞼痙攣用クリームとしても
注目を浴びているのです。

眼瞼痙攣用クリームのアイアクト!

眼瞼痙攣用クリームとしてかなりニッチな商品となりますが
アイアクトという軽度の症状向けの眼瞼痙攣用クリームが販売されています。

医学誌である臨床眼科の2017年8月22日発売号にも
掲載されているアイアクトはまぶたのピクピクや
まばたきが多い方、光がまぶしい方、瞼の垂れる方、
目を開けているのがつらい方に支持されています。

アイアクトの満足度は93%を超えているので
購入されたかなり方が満足されている事がわかります。

使い方もとても簡単でクリームを目の周りや眉間、おでこに
サッと塗るだけとなっています。

朝ではメイクをする前にさっと塗ったり
日中ではメイクの上から塗りなおす事ができます。

また夜ではお風呂上りや就寝前に
朝と同じようにサッと塗る事も可能となっています。

眼瞼痙攣用クリームのアイアクトの口コミは?

それでは眼瞼痙攣用クリームのアイアクトを実際に
購入して利用されている方の口コミをご紹介します。

購入者の93%の方が満足している商品ですが
口コミはどうでしょうか。

まぶたのぴくぴくの頻度が減った!

疲れがひどくなってくると左の瞼が下がって
目が開かなくなり悩んでいました。

鏡をみるとすぐにわかるほどの痙攣で
介護の仕事をしていますが色んな方に指摘をされていました。

また仕事などで夜勤が続き、疲れが溜まると
眩しさなどもひどく車の運転にまで影響が出ていました。

このめまいか眩しさかわからない位の目の違和感が
少しでも落ち着けばとアイアクトを購入してみました。

アイアクトを使い始めて3日目の夜にまぶたに違和感を
感じたのでサッと塗ってみると2時間ほどで
まぶたの症状が落ち着きました。

クリームを付けた時の浸透も良く、5分程度で
目の周りになじんで軽くマッサージもできます。

3日目からは目元がふっくらと柔らかくなった感触もあり
まぶたの痙攣の頻度も頻繁からたまに減っています。

目が開けられなくてライターを続けるか悩んでいた!

飲食店の接客業とともにフリーライターをしています。

まぶたのぴくぴくが出始めてから
お客さんにも指摘される事が多くなり
ひどい時は頭痛まで起きていました。

フリーライターをしている事もあって
1日4時間程度パソコンに向かっていますが
1日の内に2回ほど目を空けていられなくなるほど
まぶたの痙攣が起きてしまいます。

ライターの仕事の納期が迫っているときは
目を開けていられず本当に困っていました。

そこで悩んでいた時にアイアクトに出会いました。

塗った後にいつも同じようにパソコン作業をしていても
まぶたのピクピクが出ませんでした。

また夜にアイアクトを塗った後目元がとても
すっきりぱっちりしている事がわかりました。

次の日はいつもよりもライターの仕事が多く
まぶたの痙攣が怖かったですが目の疲れを実感してから
クリームを2回ほど塗ってみるとまぶたの痙攣が起きずに
作業を終える事ができました。

今まで目が開けられないほどの痙攣に悩んでいたのが
うそのようでした。

現在2週間ほど使用していますが
一度もまぶたの痙攣が起きずに感謝しています。

接客業でもメイクの受けからサッと塗っても
メイクが崩れず重宝しています。

とても素晴らしいクリームに出会えたと感動しています。

眼瞼痙攣用クリームのアイアクトの価格は?

利用者の93%以上が満足している眼瞼痙攣用クリームの
アイアクトですがお値段は1本1万円と送料・代引き合わせて
900円となっています。

1本1万円というととても高価なクリームとなりますが
おすすめしたいのは返金保証がついた定期購入を利用する事です。

眼瞼痙攣用クリームのアイアクトは定期購入を利用する事で
送料無料で50%OFFの5020円で購入できてしまいます。

なによりうれしいのはお肌に合わなかった場合に
30日間の返金保証がある所です。

初回の注文から30日以内ならフリーダイヤルに電話の上
送料は自己負担となりますが空き箱を返送する事で
初回1箱分の商品代金が返金となります。

眼瞼痙攣用クリームとしてしっかりと自信があるので
このような制度を設ける事ができるのです。

1回5000円というとボトックス注射の1/3のお値段となるので
とてもお得だと思います。

眼瞼痙攣の初期症状にお悩みならぜひ
検討してみてくださいね。

眼瞼痙攣の症状は?

眼瞼痙攣は進行性の病気となり症状が進むと
瞼が開けられない状態となってしまい眼の機能に問題が無くても
実質、失明状態となってしまう場合もあります。

初期症状である光がまぶしく感じられたり
目が乾く、目を開けていられないといった事から
ドライアイ、眼部ミオキミア、眼部チックといった
疾患と勘違いしてしまう方も多くいらっしゃいます。

眼瞼痙攣の原因は?

眼瞼痙攣の原因は正確に特定されておらず
眼瞼痙攣の瞼付近の動脈硬化や精神科、心療内科から
処方される特定薬剤の副作用、精神的なストレスなどが挙げられます。

また出産時の外傷や感染症、脳卒中、遺伝子異常などの
原因も考えられています。

日本国内では推定20万人から30万人の患者がいると言われて
多くの方が眼瞼痙攣で悩みを抱えています。

眼瞼痙攣の治療方法は?

眼瞼痙攣の治療方法は抗パーキンソン薬や抗不安薬、抗コリン薬を
用いた薬物療法やボトックス治療といわれるボツリヌストキシンを
瞼付近に数か所注射する事で症状を緩和させる方法があります。

また眼瞼痙攣の症状が軽い方などはヘアバンドなどで
前額を引き上げてあげると眼瞼痙攣の症状がやわらぐ場合があります。

ボツリヌストキシンを注射する両方はボツリヌス療法とよばれ
毒物の一種であるボツリヌストキシンを致死量の数百分の一から
数十分の一投与して施術されます。

アメリカをはじめいくつかの国では眼瞼痙攣の治療の
第一選択とされその効果は90%以上の改善効果が見られます。

しかしボツリヌス療法の持続効果は3ヶ月から4ヶ月とされ
ボツリヌス療法の効果が切れてきた場合は再度注射が必要となります。

また注射を打ちすぎると体に抗体ができて
ボツリヌス療法の効果が十分に得られなくなってしまいます。

ボツリヌス療法で思った改善が見られない場合は
手術での治療となります。

手術を行った場合はボツリヌストキシンの注射の必要は無くなり
通院は不要となりますが手術の影響で容姿に変化が出る場合があります。

眼瞼痙攣が治った報告はあるの?

眼瞼痙攣は進行性の症例となるので自然治癒はしないと言われています。

ただ抗パーキンソン薬や抗不安薬によるストレス緩和療法や
ボツリヌス療法などでの対症療法の場合症状が緩和された
治まったといった報告も多数見られています。

また心療内科や精神科で薬を処方されている向精神薬や
睡眠薬での副作用での眼瞼痙攣の場合、薬の減薬や断薬で
治癒となった場合も多くみられます。

抗精神病薬や睡眠薬の減薬、断薬での症状改善の場合は
ボツリヌストキシンの注射は必要が無くなります。

眼瞼痙攣の症状が重くしっかりと治したい場合は
信州大学病院など眼瞼痙攣の手術の実績のある病院で
手術を受けるとかなりの確率で眼瞼痙攣が改善します。

ただ3日間以上(病院によります)の入院が必要なことや
1年以上も手術まで待つ場合がある事、高額負担での
健康保険での手続きなどかなり覚悟をもって
手術に望まなければなりません。